カナダのお金であるカナダ・ドル市場は米ドル、ユーロ、日本円に比べて小さいです。

お金を増やす理想の方法

カナダのお金であるカナダ・ドルの性質

カナダのお金であるカナダ・ドル市場は米ドル、ユーロ、日本円に比べて小さいです。従って、企業買収や債券発行に伴う為替の発生はカナダ・ドル市場を撹乱します。カナダのテレコム企業をアメリカの企業が買収するとようなニュースが流れると、カナダ・ドルが買われる展開になります。例えば、2003年11月にカナダへの資金流入が目立ったが、これには、20億ドル相当のマニュアルライフによるジョンハンコック社の買収があったとされ、カナダ・ドル建ての外人投資家への新株の発行があって、これに応じてカナダ・ドルが買われていました。

また、カナダ国債の償還に伴い、外人投資家がカナダ・ドル売り外貨買いを行うときには、カナダ・ドルが売られる展開になります。また、カナダの新発債があると、日本などから投資資金が流れカナダ・ドルが買われる展開になることもあります。また、カナダには税繰り延べ退職プランがありますが、これには1971年から外貨資金の保有割合に上限が設けられていたが、この枠が2001年に帳簿価格ベースで30%に拡大された。理由は、そもそも上限設定の目的が、資金をカナダ企業に回すことやカナダの資本市場の育成にあったものが、市場も大きくなり、また資本市場のグローバル化により、こうした目的にズレが生じてきたからです。