ある国の金利が高金利であることには、複数の理由があります。

お金を増やす理想の方法

お金の金利が高水準になる理由

ある国の金利が高金利であることには、複数の理由があります。一般に、信用の低い人への貸付金利は高くなります。企業でも信用力が落ち資金繰りが悪くなると、高金利でも借りることになります。信用力と金利の高さとは非常に関係があります。これは国家でも同じで、国はいくらでもお札を刷れるから金利とは無関係であるが、お金を無制限に刷ればその国の通貨は価値を無くし、インフレになり、金利も上昇します。こうした国は信用力のない国であり、ソブリン格付けも低いです。

また、金利が高い背景には、国内での資金需要の強さが大きな原因となることは言うまでもありません。企業の設備投資、個人の住宅投資などが盛んな国の金利、特に長期金利が高くなっています。さらに、住宅ブームのような状況になると、投機的な資金が流入しバブル状態になるため、政策当局は利上げにより、こうしたバブルを抑えようとします。こうした状況が長引くと、政府は不動産バブルになることを警戒して、政策金利を引き上げてバブルになる前にその芽を摘み、ソフトランディングを目指します。アメリカの住宅バブルの原因は、表面的には原油高により引き起こされるインフレ懸念であるが、本質はFRBが利上げを招来したことにあります。

 比べてお得!