高金利の投資手段について、多くの国では国内の居住者はもちろん、非居住者にも投資は可能です。

お金を増やす理想の方法

高金利のお金のリスク

高金利の投資手段について、多くの国では国内の居住者はもちろん、非居住者にも投資は可能です。例えば、アメリカ政府が発行する国債を運用手段として、日本に居住する人が証券会社を通じて買うことができ、同様にタイの居住者もハンガリーの居住者も購入することができます。また、ブラジル政府が資金調達として、日本の市場で円債を発行することも可能です。しかし、こうした国をまたぐ、またはお金をまたぐ取引には為替リスクが伴います。すべての国の通貨交換レートが固定されていたら、そうしたリスクはありませんが、逆にそういう状況では、どの国の金利も似た水準になると考えられます。つまり、資本取引に何の制約もなく、金融取引に伴う税金も小さければ、リスク無しでの裁定が可能となり、金利が互いに近くなり、均衡するまで裁定が継続するからです。

現実には為替リスクがあります。従って、国によって異なる様々な金利が、この為替リスク故に存在し得ます。そして、為替レートが固定化されていても、現実には多くの資本規制があり、そうした裁定を続けることはできません。つまり、通貨をまたぐ債券の売買のような資本取引には、為替リスクが不可避に付随します。

 比べてお得!